地域による人材不足と応援の必要性

現在、医療現場で必要とされるスタッフの数と質の両方が求められています。人材が足りていない現場ではそのどちらも渇望されているのが事実であり、特に患者に対して直接対応を行う看護師は不足が著しい現場が多いのが現状です。

看護師の確保を課題として掲げている病院は多く、求人募集を出して常勤やパートの看護師を探していてもなかなか数を充足させられないと悩んでいる状況が続いています。その状況は地域差も大きく、高度な医療を担っている都心部の病院での不足は著しいのが実情です。

また、離島のように医療に関わる人材がそもそも不足している地域での看護師不足も顕著になっています。このような地域では早急に有能な看護師を確保しなければならず、たとえ短期間で働く人材であっても採用したいと考えているのが事実です。

その結果として、離島や都心部の場合は応援ナースを求める傾向が強くなっています。契約社員として数ヶ月単位で雇用関係を結び、基本的には十分な現場経験を積んできた看護師を採用して現場の戦力にしている病院が増えているのです。

都心部や離島でその傾向が強いのは、都会に出てみたい、あるいは離島で生活してみたいという希望を抱いている看護師がしばしばいるからであり、その要望を叶える機会を与えることで人材確保に役立てているのです。そのまま常勤雇用につながる場合もあるため、応援ナースの採用は人材不足が課題となっている病院での解決策として機能しています。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です